ワールドシャウラ2014

2014年のワールドシャウラニューモデル&レッドモデルへの更新が発表されました。

あらたに追加されるのは、2650FF-2。更新されますのは、1652R-2、1703R-2、1704R-2、1754R-2、2631FF-2となります。2650FF-2は、パワーロッド、バスの枠に収まらないモンスターと渡り合う竿として認知されているワールドシャウラの中において、異彩を放つ存在ですね。おそらく、近年の管理釣り場を意識した、ワールドシャウラで管理釣り場にという要望に応えた形かと思います。次世代ガイドであるトルザイトリングを採用することで、感度も上げて、ますます「マス」狙いなのではないかと思います。

1652R-2は究極のバーサタイルロッドとして、一番売れた竿といってもいいのではないかと思います。日本人に扱いやすい長さと、十分な飛距離を備え、特殊な釣りを行わない場合には、これですべてがまかなえる。はじめて高級竿を買う方の入門ロッドとしてはこれ以上のものはないでしょう。3/8ozのミノーやシャロークランクから、5/8ozのスピナーベイトまで幅広く使うことができますので、タックルセッティングに悩むことも、何本も竿やリールを用意する必要もありません。現時点で完成された竿ですが、レッドタイプになって更なる進化を遂げることと思います。

また、人気のパワーロッド、傑作と呼ばれた1703R-2ですが、生産中止になっている模様で在庫が入らないと巷で噂されておりましたが、やはりこのたび更新となりました。兄弟分である1704R-2も同様でしたので、これで再び7フィートファミリーの完全復活となりそうです。3の方はトップゲームでおもしろく、4の方は無理矢理魚を引きはがすためのロッドとなります。かなり硬いため、キャスティングフィールを求める方は、竿にルアーが乗り切らない感じがしていたのですが(飛距離は出ますが)、今回のモデルチェンジでどういう味付けになるか期待されます。

1754R-2ですが、こちらは元々バット部分はスパイラルX仕様ですので、圧倒的な強度でソルトウォーターの魚も難なく取り込む怪物竿でしたが、このたびレッドモデルになることで、感度面の向上と軽量化をはかり、ティップまでスパイラルXとなります。とどまるところを知らないキャスティングロッドの進歩をはやく体感してみたいものです。

さてさて、皆さまは「これだ!!」というロッドがございましたでしょうか?
入荷は6月以降との情報ですが、今年の夏は新しいロッドで怪魚を狙われてみては?

Google+ファンコミュニティ(非公式)はこちら
シマノ:ワールドシャウラ